アンチエイジングによい食べ物

アンチエイジングによい食べ物

肌の若返りや、老化防止に役立つ4大栄養素は、「ビタミンC」、「タンパク質」、「エラスチン」、「セラミド」の4つの栄養だと言われています。ビタミンC、は美容の基本ですね。効果的な食材としては、キウイやピーマン、レモンなどがありますが、中でもキウイはビタミンの量が多い上に食べやすいので、モデルや女優さんも多く食べているようです。「朝食べるフルーツには金の価値がある」といわれるほど、フルーツは朝いただくことで、その効果をより発揮します。朝にフルーツを食べるという習慣は、アンチエイジングを意識する方には特につけてほしいものです。

タンパク質も重要。肉や魚を食べないダイエットはありえない、というのはもう常識ですね。良質なタンパク質は、夜に摂取すると身体の再生に役立つといわれていますので、試してみてくださいね。エラスチンは、魚やこうや豆腐、軟骨、手羽先などに多く含まれます。手羽先はタンパク質とエラスチン、コラーゲンも一緒に摂取できるので、優秀な食材といえます。意外とお鍋に入れてもおいしいので、煮物、焼き物、鍋、スープといろいろ活用したい食材です。

セラミドは、こんにゃくやお米、大豆、小麦などに多く含まれます。お米を全く食べないのはNGですが、食べ過ぎは太ってしまうので、食べる量には注意が必要です。豆製品は毎日摂るようにしたい食材。小麦は全粒粉で摂取するのが望ましいです。アンチエイジング食材で若々しいお肌づくりを目指しましょう。